HOME > JOPAセミナー > JOPAセミナースケジュール > 国際セミナー:クラニアルセミナー

セミナー詳細

スケジュール


2018 9
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

<<8月   今月   10月>>

詳細スケジュールカレンダー

兵庫県
国際セミナー:クラニアルセミナー
2018.5.2(水)~5.6(日)
■日程/会場
2018年5月2日(水)~5月6日(日)
❖8:45~18:00終了予定(初日のみ8:45~9:00受付)。
進行状況及び講師の判断により時間が前後することがあります。

2018年5月5日(土)は、セミナー終了後(17:15~18:15)にJTOC学校説明会を開催いたします(ご希望の方のみご参加ください)。
神戸市産業振興センター 901号室
兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号(神戸ハーバーランド内)
TEL:078-360-3200/090-1077-0333(下村携帯➡セミナー当日連絡先)
http://www.kobe-ipc.or.jp/access/
・JR「神戸」駅より徒歩約5分
・阪神電鉄「西元町」駅より徒歩約6分
・神戸高速鉄道「高速神戸」駅より徒歩約8分

*参加人数によっては、開催会場が変更になる場合がございます。
 ご了承ください。
参加資格
❖膜の総合評価テストに合格した日本クラニアル教育機構(JCEO)会員
❖日本トラディショナル オステオパシー カレッジ(JTOC)1期生
❖スティルアカデミィジャパン(SAJ)卒業生、ジャパン カレッジ オブオステオパシー(JCO)卒業生
❖アメリカにおいて、40時間の頭蓋セミナーを受講された方
(修了証が必要となります)
❖JCEOが認める海外のオステオパシー学校の卒業生
(卒業証書が必要となります)
❖日本オステオパシー連合(JOF)所属のMRO(J)保持者
(認定証が必要となります)
❖オステオパシー協会の代表者

<ご注意>
2018年5月25日(金)~27日(日)に開催予定の「小児セミナー」(国際セミナー)の受講を希望される場合は、本セミナーに出席されないと受講することはできません。これは、小児セミナー担当講師からの要望となりますのでご了承ください。(JTOC1期生は本セミナーに参加されなくても「小児セミナー」へのお申込は可能です。)

申込は終了いたしました

内容

この度皆様にお伝えするクラニアルセミナーは、頭蓋領域における学術的アプローチについては勿論、頭蓋の概念やクラニアル領域における学術用語の解説、そして解剖学の基礎的な復習についてもいたします。
また、下村先生からの強い要望により、臨床に役立つ実践的なものをベースとしたクラニアルアプローチもお教えしなければなりません。そのためには、練習時間に十分な時間を割き、難しい症例についてディスカッションするために対話型討論も予定しています。
こういったスキルを学ぶことにより、皆さんが施す内臓マニピュレーション、HVLAやMETあるいはカウンターストレインや筋膜リリース等のインダイレクトテクニックの効果を高め、輝きを増すことになるでしょうし、逆に頭蓋のテクニックだけでは困難な疾患に対し、こういったテクニックを学ばなければならない理由も理解して頂けることでしょう。今回、私が皆さんにお伝えしたい内容は、ベーシックといえどもオステオパシーテクニックの中で非常に重要な位置を占める頭蓋分野において、「鍵」となるエッセンスです。アメリカには、サザーランドD.O.から始まった研究や技術体系の長年にわたる功績が沢山あります。その中から効果的なものを選び、皆さんにお伝えしたく思います。勿論技術だけではなく、基礎教育に対しても行います。頭蓋を学ぶということは、生命組織メカニズムを学び深遠なる生命のフォースにコンタクトし、強力な力を発動させることになるのです。
Daniel G. Williams D.O., F.A.A.O.

講師:Daniel G. Williams D.O.,F.A.A.O.
 Williams D.O.は、オステオパシー・マニピュレーション(オステオパシー手技)に関して、アメリカやヨーロッパの国際的に著名な専門家の方々と学んできました。妊娠や慢性骨盤痛に対するオステオパシー・マニピュレーションの有用性にも関心を持ち、現在このような問題を持つ女性患者の治療も行っています。
 ここ数年間は、アメリカやヨーロッパ、そして日本のJTOCにおいて授業やセミナーを行いながら、併せて診療もしてきました。また、オステオパシー医学生のための参考書を企画し、出版も続けてきました。さらに、医学研究のひとつとして、腰痛や手根管症候群に対する手技の効果について、NIH(米国立衛生研究所)からの受託研究も行っています。
 
 診療面では、主に頭痛や、首・背中・関節の疼痛、そして線維筋痛症などの急性および慢性筋骨格障害に対するオステオパシー・マニピュレーションと、鍼を用いた治療にも取り組んでおり、オステオパシー・マニピュレーションにおいては、生体力学機能を最適化し、ストレスや緊張を軽減するアプローチに重点を置いています。
 Williams D.O.は幅広く、かつ深遠に訓練を積んできたため、独特のスキルと診断能力を備えており、患者の関心事について独創的に対処しています。具体的には、出産後の女性や、乳児、顎関節症や頭蓋顔面痛を抱えた患者、そして背中や首、その他の筋骨格痛で悩む数多くの人々を助けてきました。

 Williams D.O.について特筆すべきことは、サザーランドD.O.が創設し、現在もサザーランドD.O.が教えたことだけを忠実に伝え続けているSCTF(サザーランドクラニアル教育財団)の選ばれた講師であり、またオステオパシー界の最高峰のタイトルであるFAAOを若くして手に入れ、昨年からはAOAの役職にも就いています。これがどのような意味を持つのかは、説明をしなくても皆様にはおわかりいただけるでしょう。

JOPA会長 下村 彰慶
 


◇セミナースケジュール◇
1日目 201852日(水)
9:00
Introduction/導入
Palpation Session/触診
Break:休憩
Development of PRM 
/一次呼吸メカニズムの発展
 Palpation Session/触診
12:00 Lunch:昼食
13:30 
Vault and Base Bone Demo 
/頭蓋冠、頭蓋底 デモ 
 Cranial Base Anatomy and Function
/頭蓋底の解剖学とその機能
Cranial Base Palpation/頭蓋底触診
Break:休憩
 Reciprocal Tension Membrane:RTM 
/相互張力膜
Palpation Session/触診
18:00   End/終了
 
 
2日目  201853日(木・祝)
8:45  
Review/復習
Temporal Bone/側頭骨
Temporal Bone Table 
/側頭骨 テーブル実習                         
Break:休憩
Cranial Vault Lecture 
/頭蓋冠 講義                                    
Cranial Vault Lab
/頭蓋冠 実習  
12:00   Lunch:昼食                             
13:00  
Sacrum Anatomy Lecture 
/仙骨解剖学 講義)                                       
 Sacrum Table Session 
/仙骨 テーブル実習                           
 Torsion-SB-R Lecture
/SB-Rのねじれ 講義                                   
Break:休憩                                    
Torsion-SB-R Lab
/SB-Rのねじれ実習)                                   
Vertical/Lateral Strain Lecture 
/垂直・側部ストレイン 講義                              
Vertical/Lateral Strain Lab 
/垂直・側部ストレイン 実習                                         
Palpation Session/触診                           
18:00   End (終了)                                       
 
3日目  201854日(金・祝)

8:45
Review/復習                                               
Facial Bones Lecture
/顔面骨 講義                                        
 Facial Bone Lab 
 /顔面骨 実習                                               
Break:休憩                                                 
Facial Bone Table
/顔面骨 テーブル実習                                            
 Principles of Dx
/Dxの基本的性質                                     
12:00  Lunch:昼食                                                   
13:00 
Observation Lab
/観察実習                                                     
Inducing Motion Lecture
/誘導運動 講義                                            
Inducing Motion Lab
/誘導運動 実習                                                  
Break:休憩                                                  
Principles of Tx
/Txの基本的性質                                       
Cranial Base Tx Lab 
/頭蓋底のTx 実習                                         
18:00 End (終了)                                        
 
 
4日目  201855日(土・祝)
8:45 
Review/復習
Treatment of Sacrum 
/仙骨の治療
Management of CSF
/CSFの管理
Break:休憩
 Management of CSF Lab
/CSFの管理 実習
Cranial Vault Treatment
/頭蓋冠治療
12:00    Lunch:昼食
13:00   
Temporal Bone Dx and Tx
/側頭骨のDxとTx
Temporal Bone Dx and Tx Lab 
/側頭骨のDxとTx 実習
CT Junction 
/頚部 - 胸部接合部
Break:休憩
 Pediatrics/小児
18:00  End/終了
 
 
5日目  201856日(日)

8:45  
Review/復習
 Pediatrics/小児科
Facial Bone Treatment
/顔面骨 治療
Break:休憩
Mandible and TMJ 
 /下顎骨とTMJ
Mandible and TMJ Lab 
/下顎骨とTMJ 実習
12:30    Lunch:昼食
13:30 
Clinical Application/臨床応用
 Application /応用
 Questions /質問
17:30   Closing Ceremony/修了式
18:00   End/終了 
参加当日必要なもの
・筆記用具
※セミナー当日は、実習しやすい薄手の衣服でお越しいただくか、お着替をご持参いただきますよう、お願い致します。
参加費用
*JCEO会員かつJTOC学生:140,400円(税込)
(総合評価テストに合格しているJTOC学生)
*JTOC1期生かつJOPA会員:162,000円(税込)
*JTOC1期生:189,000円(税込)
*JCEO会員(総合評価テスト合格者):216,000円(税込)
*SAJ・JCO卒業生、MRO (J) 保持者:248,400円(税込)

*今回のセミナーは、5日間に加え1日の講義時間も長い為、通常よりも費用は高くなります。出費多端な折恐縮ですが、ご理解をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


分割払いについて:
別途お手続きが必要となりますので事務局までお問合せください。
締め切り
2018年4月18日(水)までに(通常より早い締切となります)、ホームページ上からのWeb申込みまたはFAX・郵送にて申込書(HPトピックス内からダウンロード可能)をお送りいただきますようお願い致します。定員になりますとWeb上からのお申込みはお受けできませんが、キャンセル待ちが可能な場合がございます。また、10日前になりますとWeb上からはお申込みが出来ませんが、お席に余裕がある場合もございますので、いづれの場合も事務局まで直接お問い合わせ下さい。

申込書が届きましたら、こちらからお電話にて受け取りの連絡を致しますので(Web申込の場合は申込確認メールが届きます)、その後一週間以内に(締め切り間際の場合は直ちに)指定の口座にお振込をお願い致します。入金順に前列よりお座席の確保を致します。ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。また、お申込み人数が少ない場合には、催行中止となることもございます。

*締切日を過ぎてからのお申込みに関しましては、定員に満たない場合のみ受付致しますが、会員・会員外とも一切の割引は無く、一律298,080円(税込)とさせて頂きます。

*FAXでお申込みの場合、3日以上経ってもJOPA事務局より連絡が無い場合は、送信エラーまたは白紙送信等何らかのFAXトラブルの可能性がございます。恐れ入りますが、一度事務局にお問い合わせ下さいます様お願い申し上げます。
キャンセル
※キャンセルの場合は必ずFAXまたはメールにてお知らせください。連絡なき場合はキャンセル扱いにはなりませんのでご注意ください。(セミナー名・日付・氏名・住所・電話番号・返金口座番号をご記入願います。)

セミナー当日のキャンセルにつきましては、
いかなる理由であっても返金出来ません。

   セミナー前日は50%返金        
   セミナー申込締切後~セミナー2日前は70%返金

それ以前のキャンセルについてはキャンセル料はかかりませんが、
必ずご連絡ください。

尚、ご返金の際の手数料はご負担願います。キャンセルにつきましては、ご入金が未納であっても上記キャンセル料に従って頂きますのでご了承下さい。 
振込口座
<ゆうちょ銀行> 
記号14330 番号66986021
口座名義 日本オステオパシープロフェッショナル協会

<他金融機関からの振込の場合に必要な情報>
*ゆうちょ銀行
[店名] 四三八(ヨンサンハチ)  [店番] 438
[預金種目] 普通預金       [口座番号] 6698602
※郵便振込みの控えをもちまして領収書とさせていただきます。
注意事項
*当セミナーは、セミナー受講後に当該受講内容を個人的なセミナー活動や勉強会などに協会の許可なく伝達しない、ということが厳守できる方に受講が許可されます。
*当セミナーでの録音は、カセットテープ・ICレコーダーによる録音のみ認めます。その他、タブレット端末、スマートフォン等のカメラ・動画撮影機能付き機器での録音はできません。
*主催者以外はビデオカメラ、デジタルカメラ、パソコン、その他撮影機能付き機器の持込み及び使用は出来ません。フィルム使用カメラも今回は使用できません。万一持ち込まれた場合には、主催者の指示に従って頂きます。もし主催者の指示に従っていただけない場合は、退場していただくことになります。尚、退場による返金は致しません。
*盗撮からの著作権保護のために持物検査をさせて頂くこともございます。
*セミナー中に盗撮が発覚した場合は法的に対処し、それ以降のセミナー参加はお断わりします。尚、それに伴う返金はいたしません。      
*特殊な疾患、およびセミナーの内容において受講生の体調に不具合を起
こす可能性のある実技練習がある場合は事前にスタッフまで申し出てください。その場合、実施を控えて頂くことがあることをご了承ください。
*セミナー中における医療事故に関し、主催者は一切責任を負いません。
*セミナー当日は、実習しやすい薄手の衣服でお越しいただくか、着替をご持参いただきますよう、お願い致します(ジーンズ及びチノパンでの実技練習は不可)。
*講師の突発的なケガ・病気、及び交通機関の事故やストライキ、災害などの不可抗力によってセミナーが開催できない場合は、セミナー費用の全額返金はいたしますが、開催中止に伴うそれ以外(交通費・宿泊費・逸失利益など)の返金・賠償はいたしません。
お問い合せ・申込先
日本オステオパシープロフェッショナル協会(JOPA)
〒658-0052 兵庫県神戸市東灘区住吉東町4-6-16 りりぱっとはうす207
TEL:078-822-7739    FAX:078-841-1073    info@osteopathy.co.jp

申込は終了いたしました


お問い合わせ お電話:078-822-7739/メールでのお問い合わせはこちらから