HOME > JOPAセミナー > JOPAセミナースケジュール > JOPA主催特別講演「医療大国アメリカにおけるオステオパシーの現状と日本での可能性について」

セミナー詳細

スケジュール


2017 12
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

<<11月   今月   1月>>

詳細スケジュールカレンダー

兵庫県
JOPA主催特別講演「医療大国アメリカにおけるオステオパシーの現状と日本での可能性について」
2017.12.23(土)
■日程/会場
2017年12月23日(土)18:00受付開始
           18:20~20:50
神戸市産業振興センター 901号室
兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号(神戸ハーバーランド内)
TEL:078-360-3200/078-822-7739(JOPA事務局)
http://www.kobe-ipc.or.jp/access/
・JR「神戸」駅より徒歩約5分
・阪神電鉄「西元町」駅より徒歩約6分
・神戸高速鉄道「高速神戸」駅より徒歩約8 分
参加資格
どなたでもご参加頂けます
事前申し込み制(空席がございましたら当日参加も可能です)

申込は終了いたしました

内容

【講演内容 】
・なぜアメリカでオステオパスを目指したのか?
・本場アメリカにおけるオステオパシーの現状
・カークスビル大学でのオステオパシー教育について
・日本の医療現場におけるオステオパシーの可能性
・オステオパシー治療哲学に基づいた症例報告
参加当日必要なもの
・筆記用具等
参加費用
❖無料
締め切り
お申込みは2017年12月13日(水)までに、ホームページ上からのWeb申込みまたはFAX・郵送にて申込書(HPトピックス内からダウンロード可能)をお送りいただきますようお願い致します。定員になりますとWeb上からのお申込みはお受けできませんが、キャンセル待ちが可能な場合がございます。また、10日前になりますとWeb上からはお申込みが出来ませんが、お席に余裕がある場合もございますので、いづれの場合も事務局まで直接お問い合わせ下さい。

*FAXでお申込みの場合、送信後3日以上経っても事務局より連絡が無い場合は、送信エラーまたは、白紙送信等何らかのFAXトラブルの可能性がございますので、恐れ入りますが、一度事務局にお問い合わせ下さいます様お願い申し上げます。
キャンセル
キャンセルの場合は必ずFAXまたはメールにてお知らせください。
(セミナー名・日付・氏名・住所・電話番号をご記入願います。)
注意事項
*当セミナーは、セミナー受講後に当該受講内容を個人的なセミナー活動や勉強会等において、協会の許可なく伝達しないということが厳守できる方に受講が許可されます。
*当セミナーはカセットテープ・ICレコーダーによる録音のみ認めます。その他、タブレット端末、スマートフォン等のカメラ・動画撮影機能付きの機器での録音はできません。
*主催者以外はビデオカメラ、カメラ、パソコンの持込み及び使用は出来ません。万一持ち込まれた場合には、セミナー終了時まで主催者がお預かりさせていただきます。主催者の指示に従っていただけない場合は、退場していただくことになります。
*著作権保護のために、持物検査をさせて頂くこともございます。
*セミナー中に盗撮が発覚した場合は、法的に対処いたします。
*講師の突発的なケガ・病気、及び交通機関の事故やストライキ、災害などの不可抗力によってセミナーが開催できない場合は、開催中止に伴う交通費・宿泊費・逸失利益などの補償・賠償はいたしません。
お問い合せ・申込先
日本オステオパシープロフェッショナル協会(JOPA)
〒658-0052 兵庫県神戸市東灘区住吉東町4-6-16 りりぱっとはうす207
TEL:078-822-7739    FAX:078-841-1073    info@osteopathy.co.jp

申込は終了いたしました

セミナー講師


鈴木 泰生D.O.(外部講師)

Taisei Suzuki
プロフィール
*米国オステオパシー医師 *ライト・センター・ナショナル家庭医学研修医プログラム3年生。 中学卒業後、個人留学のため渡米。米国の私立高校を卒業。 米国ポートランド大学生物学部準医学課程卒業 豪州シドニー大学大学院国際公衆保健学修士課程修了。 米国AT Still大学オステオパシー医学大学院カークスビル校卒業。 米国の医大へ入学する前は、国際人道支援活動を行う特定非営利活動法人ADRA Japanにて、プログラム・オフィサーおよびプログラム・マネージャーとして人的及び自然災害緊急支援事業を担当し、アフリカのリベリアやスーダン・ダルフールでの駐在経験も持つ。 その後、国連児童基金(UNICEF・ユニセフ)のジンバブエ事務所の水衛生部にて国連職員として勤務。 約8年間の国際人道支援活動から離れ、2011年夏に米国AT Still大学オステオパシー医学大学院カークスビル校に入学。同校を2015年夏に卒業し、現在はアリゾナ州トゥーソン市の地域医療センターをベースとした家庭医学研修医プログラムにて、家庭医学研修医3年生(最終年)として勤務中。 低所得者・社会的弱者を対象とした地域医療センターにて、社会から取り残された人々への包括的医療サービスを提供するために、オステオパシー医学を土台とした家庭医学(総合医療)を学びながら、医療活動を行っている。

セミナー講師一覧

「オステオパシーの世界へ」&「膜の概念・頭蓋と身体のつながり1」について
下村会長の施術デモをご覧頂けます
入会案内

お問い合わせ お電話:078-822-7739/メールでのお問い合わせはこちらから