セミナー講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る

福泉 好一

Koichi Fukuizumi
経歴&プロフィール
経歴
大阪リハビリテーション専門学校 卒 
日本オステオパシープロフェッショナル協会 講師
桜けあ訪問看護ステーション 代表
講師紹介
私は、病気やケガで苦しんでいる人の為に力になれる仕事は本当に素晴らしい、という思いから一般企業を退職し、理学療法士になりました。

病院勤務を経て、地域医療において訪問でのリハビリを行い数年が経ち、セミナーや勉強会へ参加してはいましたが、どうも釈然としない日々が続いていました。そしてこの先、自信をもって理学療法士として仕事をしていけるのだろうか?と不安と限界を感じていました。

そんな中、JOPAのセミナーと出会ったのですが、明らかに今まで私が受講してきたセミナーとは違っていました。オステオパシーは哲学であり、身体を一つのユニットとして捉えており、また、下村会長のデモは、傾聴、触診、診断、治療へと進められ、そのすべてのレベルが芸術的で、圧倒的な違いと治療結果を突き付けられました。あまりのレベルの高さに、この様なことが本当に自分に出来るようになるのか?と、その距離感がわからないほど、当時の理学療法士としての自分のレベルとあまりにもかけ離れていたのです。

しかし、このような治療が出来るようになったら自分が担当する患者さんは絶対に喜んでくれるだろうし、自分自身も満足できると感じ、私が望んでいたものがここにはあり、オステオパシーを勉強していく価値があることは確信できました。
それからJOPAのセミナーを受け続け、JTOC1期生としてもオステオパシーを学び続けています。基本的な触診、解剖の知識、実技を一つ一つ学び、やり続けることで少しずつ実力は付いていくものです。JOPAでオステオパシーを学ぶことが出来て本当に良かったと感じています。

現在は、訪問看護ステーションと治療院を開業しており、微力ながら社会への貢献に努めたいと日々奮闘しています。

私は講師養成コースで下村会長をはじめ多くの先輩にお世話になり、日々ご指導していただく中で少しずつオステオパシーの理解が深まっていきました。
オステオパシーを学ぶことは簡単ではないですし、日々悩み、挫けそうになりますが、喜びも多いと感じております。まだまだ自分自身も未熟ですが、少しでもオステオパシーを学ぶ先生方のお役に立ちたいと願っております。

<< セミナー講師一覧へ戻る