HOME > JOPAセミナー > セミナーについて > セミナー講師紹介 >

メリー・アン・モレリー・ハスケル

Mary Anne Morelli Haskell D.O.FACOP

セミナー講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る

メリー・アン・モレリー・ハスケル

Mary Anne Morelli Haskell D.O.FACOP
経歴&プロフィール
経歴
メリー・アン・モレリー・ハスケルD.O.FACOPは、1988年に太平洋オステオパシー医療大学を卒業しました。一般医学のインターンシップの後、彼女はロマ・リンダ大学医療センターで小児科の研修医を修了しました。

ドクター・ハスケルはドクター・ヴィオラ・フライマンと共に13年間の実践を積み、2005年にカリフォルニア州コロナードで彼女自身の小児科を開業する前は、子供のためのオステオパシーセンターの会長でした。彼女は25年以上にわたり小児オステオパシーの分野において国内外で講演を行っています。

オステオパシー、ホメオパシー、統合医学の熱心な研究者であるドクター・ハスケルは、統合的なオステオパシー小児科の独自な融合を創造しています。
ドクター・フライマンの遺産の重要な部分は、オステオパシーを通じて子供達が最適な可能性に到達することを、愛を持ってお手伝いすることです。このコースはその目標にささげられるものです。

ドクター・ハスケルはAOA、OCA、AAOのメンバーです。OPC、OCAの教員としての役割を担い、COMPでは非常勤講師です。
講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る