HOME > JOPAセミナー > セミナーについて > セミナー講師紹介 >

ウォルター C. エーレンフォイヒター Walter C. Ehrenfeuchter, D.O., F.A.A.O.

セミナー講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る

ウォルター C. エーレンフォイヒター Walter C. Ehrenfeuchter, D.O., F.A.A.O.
経歴&プロフィール
経歴
フィラデルフィア・オステオパシー医科大学にてD.O.を取得。

1981年からフィラデルフィア・オステオパシー医科大学オステオパシー手技医学部教授・副部長、1998年からはフィラデルフィア・オステオパシー手技医学センターにて医局長を、2005年からはフィラデルフィア・オステオパシー医科大学ジョージア校にて教授、部長を務められています。

これまでに教えられたテクニックは、軟部組織、ダイレクト筋膜リリース、関節、マッスル・エナジー、HVLA-スラスト、リンパを通じたアプローチ、腹部テクニック、チャップマン反射、トリガーポイント治療、カウンターストレイン、インダイレクト筋膜リリース、ファシリテイティッド・ポジショナル・リリース、スティル・テクニック、オステオパシー頭蓋手技医療など多岐にわたっています。
 
AAOの理事会(1995年~)、特別研究員委員会(2012年~)のメンバーでもいらっしゃいます。また、近々JOPAにて出版予定の「オステオパシックメディスン」の原著である「Foundations for Osteopathic Medicine 3rd Ed.」においても、著者としていくつかの章の執筆をご担当されています。

講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る