セミナー講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る

宮本 英伸

Hidenobu Miyamoto
経歴&プロフィール
経歴
宮崎リハビリテーション学院卒 理学療法士
日本オステオパシープロフェッショナル協会 理事・講師
ORIENTAL OSTEOPATHY 院長
講師紹介
 私のボディワーカーとしてのスタートは、脳卒中や脳性麻痺のリハビリに力を入れている病院の理学療法士でした。

 新人の頃、頑張っても結果が出せずに悩みの尽きない日々を送っていましたが、「キャリアを積んで行けばきっと思い通りに治療結果が出せる様になり、楽しく働ける様になるはず」との想いを胸に頑張って来ました。しかし年数が経っても大きく何かが変わる訳ではなく、逆にキャリアを重ねた事で自分の限界が見えてきて、何度か辞めてしまおうかとさえ思う程、仕事が苦痛に感じる様になっていました。
そんな状況を何とかしたいと模索した中でたまたま見つけたのがJOPAのセミナーでした。

 セミナー冒頭のデモで、下村会長がモデルの頭に手を当てるだけで、その方の症状、手術歴、身体をどちらに動かしやすいのかなどを全て言い当てた事、そしてそれを証明する様に診断箇所を施術して短時間で信じられない様な結果を出した事には大きな衝撃を受けました。
特に診断の凄さに魅了され、「いつかこれを自分のものにしたい!」との強い想いから、オステオパシーを学ぶことを決意しました。

 JOPAのセミナーは解剖学などの座学、実技ともに非常にレベルが高く、中途半端な覚悟ではついていけない内容ですが、それ故、やり通すことで大いなるチカラを得ることが出来ます。実際、解剖学の知識、触診能力、テクニックの精度を磨いてきたことで、今まであった曖昧さがなくなり、誤魔化しなく地に足のついた施術が出来る様になったことは自分の中での大きな収穫と思っています。

 私の担当するセミナーでは、触診などの基礎的な部分をいかに分かり易いカタチで伝えるかと言うことに重点をおきます。
 かつての自分の様に臨床現場で悩むセラピストの変化のきっかけになる様、頑張りたいと思います。

<< セミナー講師一覧へ戻る