HOME > JOPAセミナー > セミナーについて > セミナー講師紹介 >

マーク・ノダン

Marc Naudin D.O.

セミナー講師紹介

<< セミナー講師一覧へ戻る

マーク・ノダン

Marc Naudin D.O.
経歴&プロフィール
経歴
講師紹介
Marc Naudin D.O.は、25年前に理学療法士として働き始め、最近20年間はマニュアル・セラピー(徒手療法)を専門にしています。現在はフランスのオステオパシー医であり、1995年から個人開業を始められました。
1999年からはオステオパシーの教育にも携わり、2001年から内臓マニピュレーション(Visceral Manipulation)の講師をしています。

2002年にジャン・ピエール・バラルD.O. (Jean-Pierre Barral D.O.)と出会い、泌尿生殖器マニピュレーション(Urogenital Manipulation)、徒手熱評価(Manual Thermal Evaluation)、末梢および脳神経マニピュレーション (Peripheral and Cranial Nerves Manipulation)、神経・内臓・感情の統合 (Neural Visceral and Emotion Synthesis)、内臓血管マニピュレーション (Vascular Visceral Manipulation) の分野において、彼と共に学び続けました。また、アメリカにあるバラル・インスティテュートや、フランスのBOTO (バラル・オステオパシー教育団体)で教鞭をとっています。

Marc Naudin D.O.は、フランス連邦オステオパシー組合(Union Fédérale des Ostéopathes de France)およびヨーロピアン・オステオパシー・アカデミー(Académie Européenne d’Ostéopathie)の会員です。
フランス、パリにあるヴェルサイユ大学サン・カンタン・アン・イヴリーヌの解剖学において、臨床検査と画像の応用解剖学に関する卒業資格を持っています。

<< セミナー講師一覧へ戻る