HOME > オステオパシーについて

オステオパシーについて

OSTEOPATHY
オステオパシーは1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された療法(医学)であり、その語源はギリシャ語の「骨」を意味するOsteonと「病」を意味するPathosからなる造語である。このOsteonとは、単に「骨」という意味だけではなく、「生命体の構造」という意味を持っており、生きているものでなければOsteonとは言わない。
つまりPathosの「病気・療法」という言葉と合わせ、「生命体の構造に対する療法」ということができる。
したがってオステオパシーは、筋膜・骨・関節・頭蓋・臓器・リンパ・血管など、あらゆる器官に対する技術を持ち合わせ、さらには患者を身体・心・精神の3つから成る統一体として捉え、診察し、手技により治療を行う療法のことである。
オステオパシーで
考える健康とは?
健康な人間は生活環境における有害な影響に抵抗し
そうした有害な影響が与える効果を代償することが出来る。
病気とは? 解剖学的異常とそれに引き続いて起こる生理学的不調和の結果
病気が起こる。