海外講師からのメッセージ

<< 海外講師一覧へ戻る

Eric Prat D.O.

エリック・プラット
〔JOPAへのメッセージ〕
下村会長はエネルギーと信念を持って、日本のオステオパシーの質の向上にご尽力されております。A.T.スティル博士より起これし伝統に対しての尊敬の念を抱かれて、日本はアメリカ(カナダも含む)やヨーロッパの、より優れたオステオパシーへの道を開きました。日本人は、勤勉の精神を持ち、かつ学びに関しては優れた資質があり、そう言った事は常に日本に幸運な結果をもたらしています。私は、日本に教えに来られる事を光栄に思っております、また皆様からの御注目、御厚意に厚く感激しております。オステオパシーは地理的、文化的、言語的な壁を越えた、一つの大きな家族である、と私は感じております。私たち(オステオパス)は一つの共通語を話せるからです。その共通語とは手で話す共通語であり、つまり手で触れ、手で考え、手で治す、と言うものです。私に、今回、日本で豊かな経験を積む機会をお与え頂き、大変感謝いたしております。そして、日、出ずる国におけるオステオパシーの成功と成就を祈願し、ご挨拶に代えさせて頂きます。

<< 海外講師一覧へ戻る